東光庵熊野権現旧跡

2001年10月に復元された、江戸時代半ばに湯治の合間に文人墨客が集った当時の文化サロン

観光

名所・旧跡

ジャンル
観光名所・旧跡
エリア
芦ノ湖・芦之湯
住所
箱根町 芦之湯

国道1号沿いに広がる芦之湯は、旧跡も多く点在する閑静な温泉地。江戸時代から湯治場として賑わい、数々の文人墨客※も湯治に訪れたといいます。湯治の合間には箱根権現の末社熊野堂境内の「東光庵薬師堂(茶室に改装したもの)」に集まり、句会や作茶会を楽しんだそうです。明治になり木戸孝允と西郷隆盛の密談にも使われたとか。

※国学者・賀茂真淵(1697~1769)本居宣長(1730〜1801)、狂歌師・蜀山人(大田南畝/1749~1823)、国学者・清水浜臣(1776~1824)など

東光庵は、1871(明治4)年に火災を出し、1882(明治15)年に廃庵となりましたが、発掘調査や文献資料に基づき平成13年(2001)に復元されました。江戸時代から残る十六羅漢像や芭蕉の句碑、蜀山人の碑など石造物も保存修理され、往時の姿が120年ぶりに蘇りました。同時にとなりに熊野神社も再現されています。

詳細

アクセス 箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バス小涌谷温泉経由箱根町方面行きで30分、芦の湯下車、徒歩3分

マップ

周辺のスポット

Instagram FACEBOOK
他のジャンルを検索
条件を指定して検索

ジャンルを指定

宿泊

エリア

基本

便利検索

おひとり様1泊の平均価格帯

日帰り温泉

エリア

基本

便利検索

食事

エリア

基本

便利検索

リラクゼーション

エリア

基本

便利検索

観光

エリア

基本

便利検索

遊ぶ

エリア

基本

便利検索

買い物

エリア

基本

便利検索