畑宿一里塚

日本橋から数えて二十三里目にある塚です!

観光

名所・旧跡

ジャンル
観光名所・旧跡
エリア
箱根湯本・塔ノ沢・畑宿
住所
足柄下郡箱根町 畑宿173 付近

江戸時代旅人の目印として徳川幕府が作った、日本橋から数えて二十三里目にある塚です。箱根町の中では、湯本茶屋、畑宿、箱根の3か所にあった一里塚の中で、唯一その形態をとどめるものだそうです。標識樹として、塚の頂上に、畑宿から見て右側の塚には樅(もみ)の木を、左側の塚には槻(けやき)の木が植えられています。

詳細

アクセス 箱根湯本駅から箱根登山バスの旧道経由(畑宿・甘酒茶屋・元箱根港行)⇒「畑宿バス停」で下車し、すぐ前の「畑の茶屋」さん(左写真)の脇から石畳を20~30m歩いた所に一里塚があります。

車で行かれる場合
駐車場ですが「畑の茶屋」さんの前に数台止められます。そこに止められない場合はバス通りを50m程上った右側に「寄木会館」の無料駐車場がありますのでそちらでも良いかと思います!

マップ

周辺のスポット

Instagram FACEBOOK
他のジャンルを検索
条件を指定して検索

ジャンルを指定

宿泊

エリア

基本

便利検索

おひとり様1泊の平均価格帯

日帰り温泉

エリア

基本

便利検索

食事

エリア

基本

便利検索

リラクゼーション

エリア

基本

便利検索

観光

エリア

基本

便利検索

遊ぶ

エリア

基本

便利検索

買い物

エリア

基本

便利検索