畑宿 夫婦桜

旧道(県道732号線)畑宿の寄木会館 登山道を5分ほど登ったところ

観光

その他

ジャンル
観光その他
エリア
箱根湯本・塔ノ沢・畑宿

畑宿のヤマザクラは互いに寄り添うように咲いている姿から「夫婦桜」と呼ばれています。樹齢100年から150年で、背丈も幹の太さも枝張りもほぼ同じような姿から、夫婦仲の良い姿に例えられ、縁起の良い桜なのです。
しかも、そのうち1本は「連理の桜」と呼ばれ、2本の木が根元で一つにつながっており、「夫婦桜」同様、夫婦を連想させるため、とても縁起がいいのだとか。地元の有志や寄木組合、商店街などで協力し合いながら守り続けている「夫婦桜」は、4月中旬頃が見ごろです。

「鎌倉古道ハイキングコース」の途中、斜面に広がるように咲いています。
急な坂道を登り始めて、その息切れに山道を実感し始める頃に、右手に桜のマークが見えます。ちょっとした休憩ポイントになっていますので、夫婦桜と、その向こう側の山肌にも咲いているヤマザクラのハーモニーを一息いれながらお楽しみください。

詳細

アクセス 箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バス畑宿方面行きで17分、畑宿下車
畑宿から飛龍の滝へ向かうハイキングコースの入り口から5分ほど

マップ

周辺のスポット

Instagram FACEBOOK
他のジャンルを検索
条件を指定して検索

ジャンルを指定

宿泊

エリア

基本

便利検索

おひとり様1泊の平均価格帯

日帰り温泉

エリア

基本

便利検索

食事

エリア

基本

便利検索

リラクゼーション

エリア

基本

便利検索

観光

エリア

基本

便利検索

遊ぶ

エリア

基本

便利検索

買い物

エリア

基本

便利検索