箱根DMO公認 ガイド育成プロジェクト

~世界基準のガイディングをここ<箱根>で目指す~

講習会概要

先人たちが築き守り続けてきた箱根の豊かな自然、歴史、文化。
その魅力を再発見し、日本国内外に箱根の素晴らしさを発信するガイド人材の育成を目的とします。
本プロジェクトではコースを3段階に分け、より多くの方にご参加いただけるカリキュラムとなります。
詳細は各コースをご参照ください。

2021年度の【観光プロガイドコース】は定員を満たしたため締め切りました。
※【英語ATガイドコース】応募の場合は、【観光プロガイドコース】が含まれております。

魅力再発見コース

〜箱根の豊かな自然・歴史・文化を学ぶ〜
本コースはガイドを目指さない方でもご参加いただけます。箱根を熟知した講師陣から、長い間育まれてきた箱根の魅力を学んでいただきます。オンラインでの開催(YouTube配信)を予定しています。

開催日時・項目 講師
第1回:8月31日(10時~17時)
「オリエンテーション」
「①箱根町の現状と今後の展望」
「②箱根DMOの取り組み」
「③自然環境保全の取り組み」
①箱根町企画観光部観光課副課長・多田 直人
②箱根DMO専務理事・佐藤 守
③環境省富士箱根伊豆国立公園管理事務所所長・千葉 康人
第2回:9月1日(10時~17時)
「地域資源①箱根の自然の特性」
「地域資源②火山との共生」
①箱根ビジターセンター主任・加藤 和紀
②神奈川県温泉地学研究所主任研究員・萬年 一剛
第3回:9月14日(10時~17時)
「地域資源③箱根の郷土史A」
「地域資源④箱根の郷土史B」
箱根町立郷土資料館館長・鈴木 康弘
第4回:9月15日(10時~17時)
「地域資源⑤箱根の文化財」
「地域資源⑥箱根のホテル建築」
⑤箱根町文化遺産活性化実行委員長・澤村 吉之
⑥箱根ガイド協会長・若林 宏光
  • 定員:最大100名(オンライン開催)
  • 参加費:無料
  • 締切期日:2021年8月25日(水)
<応募条件>
箱根の自然・文化・歴史に興味があり、その魅力を発信したいと考えている方

観光プロガイドコース

2021年度の【観光プロガイドコース】は定員を満たしたため締め切りました。
※【英語ATガイドコース】応募の場合は、【観光プロガイドコース】が含まれております。

~公認ガイドとして箱根の魅力を伝える~
本コースでは、既にガイドを行っている方、これから箱根でガイドを始めたい方に向けたカリキュラムとなっています。ガイドに求められる基礎知識などを実践を通じて学んでいただきます。

開催日時・項目 講師
第5回:10月5日(10時~17時)
「ガイドに求められる基礎知識」
・WMAJ代表理事・横堀 勇(登山ガイド/通訳案内士)
・Explore Hakone代表・金子 森(登山ガイド/通訳案内士)
第6回:10月6日(10時~17時)
「インタープリテーション 基礎」
WMAJ代表理事・横堀 勇(登山ガイド/通訳案内士)
第7回:10月19日(10時~17時)
「インタープリテーション 実践」
WMAJ代表理事・横堀 勇(登山ガイド/通訳案内士)
第8回:10月20日(10時~17時)
「ガイドとサスティナビリティ」
Leave No Traceトレーナー・寺田 達也
https://lntj.jp/
第9回:11月2日(10時~17時)
「火山防災と大涌谷」
第10回:11月9日(10時~17時)
「救急法」
  • 定員:20名程度
  • 参加費:30,000円(税込)
<応募条件>
・20歳以上
・<魅力再発見コース>への参加が必須
・全日程終了者には箱根DMOより公認資格が発行されます。参加できない日程がある場合は本年度での認定は行いません。令和4年度に欠席した講座を再受講することで認定します。(その場合の参加費は不要)

英語ATガイドコース

〜世界水準のガイディングを目指す〜
世界最大のアドベンチャーツーリズム団体であるATTA(Adventure Travel Trade Association)では、AT(アドベンチャートラベル)を「自然」「文化」「アクティビティ」のうち2つ以上の要素から成るツーリズムと定義しています。四季の移ろいが美しく、温泉地として長い歴史を誇る箱根にはまさにその全ての魅力がつまっています。本コースでは、世界水準で箱根に精通したプロフェッショナルATガイドを育成します。

開催日時・項目 講師
第11回:11月16日(10時~17時)
「ATガイドに求められる能力」
Explore Hakone代表・金子 森(登山ガイド/通訳案内士)
第12回:11月17日(10時~17時)
「英語 インタープリテーション基礎」
KODO Travel共同代表・Shannon Walker
第13回-(1):12月9日(10時~17時)
「野外災害救急法 座学」
Wilderness Medical Associates Japan
https://www.wmajapan.com/
第13回-(2):12月10日(10時~17時)
「野外災害救急法 実践」
Wilderness Medical Associates Japan
https://www.wmajapan.com/
第14回:12月21日(10時~17時)
「英語 インタープリテーション実践」
KODO Travel共同代表・Shannon Walker
第15回:12月22日(10時~17時)
「ATガイド 座学」
矢ケ崎 晶/金子 森(登山ガイド)
第16回:1月11日(10時~17時)
「ATガイド 実践 ①東海道」
矢ケ崎 晶/金子 森(登山ガイド)
第17回:1月12日(10時~17時)
「ATガイド 実践 ②湯坂路」
矢ケ崎 晶/金子 森(登山ガイド)
第18回:1月25日(10時~17時)
「ATガイド 実践 ③金時山」
矢ケ崎 晶/金子 森(登山ガイド)
第19回:1月26日(10時~17時)
「ATガイド 実践 ④明神ヶ岳」
矢ケ崎 晶/金子 森(登山ガイド)
第20回:2月8日(10時~17時)
「認定試験及び修了式」
  • 定員:10名程度
  • 参加費:60,000円(税込)
    (「野外災害救急法WFA」の受講希望者は別途35,000円(税込))
  • 応募条件:20歳以上 /〈魅力再発見コース〉および〈観光プロガイドコース〉への参加が必須
<応募条件>
・20歳以上
・<魅力再発見コース>及び<観光プロガイドコース>への参加が必須
・全日程終了者には箱根DMOより公認資格が発行されます。
・参加できない日程がある場合は本年度での認定は行いません。令和4年度に欠席した講座を再受講することで認定します。(その場合の参加費は不要)
①英語で一般的なコミュニケーションがとれ、以下の資格または条件を満たしていること
 A.英語全国通訳案内士
 B.英語地域通訳案内士
 C.英検2級またはTOEIC 650点以上
 D.CASEC 650点以上
 E.母国語が日本語以外の場合は日本語検定N2級以上
②日頃より運動習慣があること
箱根版ATでは登山・ハイキングを主なアクティビティとして位置付けており、累計高低差1,000m、5時間以上のガイディングを遂行できる体力が求められます。

Instagram FACEBOOK