白山神社

箱根湯本旧道沿い、温泉の守り神として親しまれている神社です

観光

神社・寺

ジャンル
観光神社・寺
エリア
箱根湯本・塔ノ沢・畑宿
住所
箱根町湯本431

江戸時代まで「白山権現(はくさんごんげん)」と呼ばれ、地元の人々に温泉の守護神として崇められていました。石川県の「白山さん」と親しまれている白山神社総本宮の白山比咩(しらやまひめ)神社の御祭神を勧請したお社です。境内には、伏見稲荷大社から勧請した稲荷社や水神社があり、手水舎には「白山水」と呼ばれる御神水が湧き出ています。

天平年間(729-748年)に関東に塙瘡(ほうそう)が大流行した時、加賀白山霊場の開祖泰澄から派遣された弟子浄定*が、天平10年(738年)箱根に白山権現社を建て、十一面観音を祭ったところ山から霊泉が湧き出し、病を治したという伝承があります。
*『泰澄和尚伝記』に登場する泰澄の2人の弟子のひとり

祭神:白山比咩大神=菊理媛命(くくりひめ)、伊奘諾命(いざなぎ)、伊奘冉(いざなみ)命
毎年5/5に例祭があります。

境内の狛犬は大正年間のもので、珍しく耳がたっているタイプ。

詳細

アクセス 三枚橋を渡り500m程進んで左手山すそにあります。

マップ

周辺のスポット

Instagram FACEBOOK
他のジャンルを検索
条件を指定して検索

ジャンルを指定

宿泊

エリア

基本

便利検索

おひとり様1泊の平均価格帯

日帰り温泉

エリア

基本

便利検索

食事

エリア

基本

便利検索

リラクゼーション

エリア

基本

便利検索

観光

エリア

基本

便利検索

遊ぶ

エリア

基本

便利検索

買い物

エリア

基本

便利検索