早雲寺

北条早雲の遺言により建立された臨済宗大徳寺派の名刹

観光

神社・寺

ジャンル
観光神社・寺
エリア
箱根湯本・塔ノ沢・畑宿
住所
箱根町 箱根湯本405

小田原城主・北条氏の菩提寺。2代氏綱(うじつな)が初代早雲(そううん)の遺言によって1521年(大永元)に建立した臨済宗大徳寺派の名刹です。箱根湯本の町は、もともと早雲寺の門前町として始まったと言われています。
1590年(天正18)の豊臣秀吉の小田原攻めで一度消失。1627年(寛永4)僧侶・菊径により再興されました。山門の左側の鐘楼に大きな古い梵鐘があり、これは豊臣秀吉が北條氏を攻めて小田原に押し寄せたとき、石垣山の一夜城に使われたといわれています。

現在、早雲寺には、戦国時代を代表する文化人として名高かった北条長綱(幻庵:早雲の三男)の作といわれる枯山水庭園が残るほか、北条五代の墓、「北条早雲像」(国指定重要文化財)などの文化財が保存されています。また、裏手には常緑広葉樹林(神奈川県天然記念物)が自然林の形で残っており、初夏には箱根町指定天然記念物ヒメハルゼミ(神奈川県下ではここ早雲寺林にしか生息しない)の大合唱を聞くことができます。それに合わせたイベントも企画されています。

詳細

アクセス 箱根登山鉄道箱根湯本駅→徒歩15分
小田原厚木道路箱根口IC10分
駐車場 あり
URL
備考 その他ご案内

1.拝観
北条五代のお墓を含む境内のお参りは随時可能ですが、本堂(寺宝)の拝観は、毎年11月の限られた日にのみ可能です。

2.御朱印
予め、直接、早雲寺にお問い合わせください。

マップ

周辺のスポット

Instagram FACEBOOK
他のジャンルを検索
条件を指定して検索

ジャンルを指定

宿泊

エリア

基本

便利検索

おひとり様1泊の平均価格帯

日帰り温泉

エリア

基本

便利検索

食事

エリア

基本

便利検索

リラクゼーション

エリア

基本

便利検索

観光

エリア

基本

便利検索

遊ぶ

エリア

基本

便利検索

買い物

エリア

基本

便利検索