元箱根旧街道杉並木

芦ノ湖畔の旧東海道にそびえる杉並木は樹齢最高350年の大木が並んでいます

観光

名所・旧跡

ジャンル
観光名所・旧跡
エリア
芦ノ湖・芦之湯
駐車場
近くの駐車場を利用

元箱根から恩賜箱根公園まで約500m続く、箱根旧街道の杉並木。
1618年(元和4)、幕命によって川越城主・松平正綱が植林したと伝えられています。400本を越える樹齢400年近くの杉が連なり、夏の強い日差しや冬の寒風から旅人を守っていました。なかには幹回り4mの大木もあります。

滝廉太郎の『箱根八里』に「昼なお暗き杉の並木」と歌われているくらい、かつてはもっとたくさんの杉並木がありました。しかし、1904年(明治37年)に、湯本から芦ノ湖畔に至る新道を工事するときに、不足した工事費を捻出するため、並木を伐採売却したのだそうです。この時点で切り倒された並木は、松と杉を合わせて、1000本を越える数だったとか。現存は、国指定史跡として保護されています。

詳細

アクセス 根登山鉄道箱根湯本駅→箱根登山バス・伊豆箱根バス箱根町行きで43分、バス停:箱根支所前下車、徒歩すぐ

マップ

周辺のスポット

Instagram FACEBOOK
他のジャンルを検索
条件を指定して検索

ジャンルを指定

宿泊

エリア

基本

便利検索

おひとり様1泊の平均価格帯

日帰り温泉

エリア

基本

便利検索

食事

エリア

基本

便利検索

リラクゼーション

エリア

基本

便利検索

観光

エリア

基本

便利検索

遊ぶ

エリア

基本

便利検索

買い物

エリア

基本

便利検索