『箱根全山』旅のテーマパーク箱根 - 箱根町観光情報ポータルサイト

JAPANESEENGLISH

消費税率8%への改定に伴い、現在、当ホームページなどに記載しております料金が、税率変更前の料金となっている施設・店舗等があります。
順次変更しておりますが2014年4月1日以降のご利用時には実際の金額と異なる場合がありますので、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

GWは箱根で極楽を体験しよう!

イベント情報

極楽の箱根!箱根の観光施設GWのオススメ情報まとめてみました。
1.新緑とお花の競演!箱根は春爛漫!開花情報。
【箱根園】
GWに咲く「湖畔の一本桜」樹齢90年を超える大島桜が見ごろになりました!
芦ノ湖にたたずむ5本の幹が寄り添った大島桜は樹齢90年。まだまだ元気に花を咲かせる、箱根園のシンボル的存在です。箱根園内に春を告げる『マメザクラ』や山桜も見頃です。また、箱根九頭龍の森(旧 箱根樹木園)にあります『しだれ桜』は知る人ぞ知る遅さ咲きの桜。心地良い山間の小路を散策しながら、商売繁盛のみならず、縁結びの神様と崇められている九頭龍神社への参拝とともに、ぜひしだれ桜の美しさもご堪能下さい。GWはまだまだこれから桜が楽しめる箱根園へ!    
http://www.princehotels.co.jp/amuse/hakone-en/


【小田急山のホテル】
つつじ・しゃくなげフェア
今年もこの季節がやってまいりました!芦ノ湖と富士を眺める広大な庭園には、岩崎小彌太男爵が植えた約30種3,000株のツツジ、20種300株のシャクナゲが咲き誇ります。この素晴らしい庭園を山のホテルが受け継ぎ、毎年、皆様にお愉しみいただいております。今年も2017年5月1日(月)~5月下旬まで「つつじ・しゃくなげフェア」を開催。地形の起伏を利用して、ツツジは富士山に向かって駆け上るように、また芦ノ湖に向かって流れ込むように植えられ、まるで一幅の絵を見るよう。天気の良い日は、青々とたゆたう芦ノ湖に写る富士山と、つつじやしゃくなげの優雅な春の風景を味わっていただけます。男爵別邸跡竣工から100年が経った今も変わらぬ、箱根・芦ノ湖の絶景をお愉しみください。写真の腕に自信のある方は、フォトコンテストにもぜひ挑戦を!
↓詳しくは山のホテルのWEBサイトをご覧ください。
http://www.hakone-hoteldeyama.jp/news/74
↓開花状況
http://www.hakone-hoteldeyama.jp/blog/
■庭園見学時間/9:00~17:00
■庭園見学料金/800円(団体料金¥700 ※15名様以上)
箱根(芦ノ湖畔)小田急 山のホテル
〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80 
TEL:0460-83-6321 FAX:0460-83-7419
http://www.hakone-hoteldeyama.jp/


2.箱根の観光施設4~5月(GW)のオススメ情報
【箱根ガラスの森 美術館 】
2017年特別企画展 ─ヴェネチアン・グラス二千年の旅展─
今から約2千年前の古代ローマ帝国時代、ガラス製法は飛躍的な発展を迎えました。鉄パイプの先に熔けたガラスを巻き付け、空気を吹き込んで制作する技法が発明されたことで、貴重品であったガラスをより多くの人々が手にすることができるようになりました。 高度に発展したガラス製法はローマ帝国の衰退後、水の都ヴェネチアのガラス職人たちの情熱と技術で復活を遂げます。職人たちは古代ガラスの製法や形体の復元に留まることなく、創意工夫を施し、繊細華麗な作品に昇華させました。本展では、長年の風化の影響で銀化し、虹色の輝きを放つようになった古代ガラスと、その影響を受け発展を遂げたヴェネチアン・グラスを展示し、今なお人々にロマンを与え続けているガラスの歩んだ時空を超えた旅を辿ります。
会期:2017年4月29日(祝土)から2017年11月26日(日)まで
http://www.ciao3.com/museum/kikaku/2017_venetianglass2000/in...


【箱根ラリック美術館】
5月もシャンソン・コンサートを開催します!!
毎回大好評をいただいている、当館フランス人スタッフによるシャンソン・コンサートの5月公演が決定しました!
日時:2017年4月29日(土) / 5月3日(水)11:00〜 / 5月4日(木)11:00〜 / 5月13日(土)11:00〜 / 5月20日(土)11:00〜 ※各回約20分間 場所:箱根ラリック美術館 1階展示室 サロン・ド・サラ 料金:無料(入館料はかかります)みなさまのご参加をお待ちしております
http://www.lalique-museum.com/common/news/index.html#item174... 
 

【星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ】
星の王子さまミュージアムフォトコンテスト@Instagram 開催します。
星の王子さまミュージアムの写真、動画を撮影してInstagramに投稿していただいた中から3名様に、星の王子さまミュージアムより素敵なプレゼントを進呈します!
参加資格:Instagramユーザーのどなたでも参加できます※こちらの留意事項をご確認の上ご参加ください参加期間:2017年4月29日(土)〜6月15日(木)参加方法:星の王子さまミュージアム園内やレストランを楽しんでいる、または『星の王子さま』をテーマにした写真・動画を撮影し、Instagramに投稿してください。Instagramの投稿の際、「#星の王子さまミュージアムフォトコン」または「#LPmusphotocon」のハッシュタグ(テキスト)を必ず含めるかたちで投稿してください。期間中、何度でもご応募いただけます。※展示ホール2階およびミュージアムショップ内での撮影はご遠慮ください
http://www.tbs.co.jp/l-prince/event/


【箱根美術館】
色鮮やかなお庭を眺めながらお抹茶を
当美術館には、国登録記念物(景勝地関係)に登録された四季折々美しさを楽しめる庭園があります。約200本のモミジと130種の苔のある苔庭では、モミジの新緑が広がってきています。苔庭の奥には茶室があり、庭を見ながらお抹茶(和菓子付、有料)を楽しむことができます。展示は「色絵陶磁器展」を開催しています。九州の有田(伊万里)は、日本で最初の磁器が焼かれ、その製品は染付に始まり、その後上絵付された白磁、いわゆる色絵が開発されました。白い地肌にさまざまな色調の絵具で彩られた優美な意匠は人々を魅了し、江戸期以後、飛躍的に発展。代表的な磁器の生産地となりました。一方、茶道の興隆に伴って茶碗や茶入れが盛んに焼かれるようになり、
日本独自の色絵として京焼きが焼かれるようになります。「色絵陶磁器展」では、金襴手、九谷様式などの古伊万里の大皿や、尾形乾山等の京焼きの茶碗など、鮮やかな色絵の陶磁器を展示します。併せて中国、明・清時代の色絵磁器等もご覧いただけます。艶やかに絵付けされた色絵のやきものの数々をお楽しみください。
http://www.moaart.or.jp/hakone/


【箱根強羅公園】
春の山野草展&「春のファミリーコンサート」
箱根強羅公園では、春の山野草展を開催中!可憐な春の山野草がお待ちしています。園内特設会場では、日本さくら草を中心に、「プリムラ」「オーリキュラ」などの西洋桜草などを展示。春の楽しさ、明るさがいっぱい! かわいいその姿には、きっと心が浮き立つはず。販売コーナーもあります。お庭やベランダにいかがでしょう。
■開催期間:開催中~5月7日(日)■開催時間:10時~16時■開催場所:箱根強羅公園内特設会場
「春のファミリーコンサート」ビブラフォン:臼井麻意子、ピアノ:藤本暁子 二人のユニット「FUMA」をお迎えします。爽やかで繊細なハーモニーを奏でる二人の魅力がたっぷりつまったステージをお楽しみください。
■開催日時:2017年5月4日(木・祝)■開催場所:箱根強羅公園内ローズガーデン音楽堂
http://www.hakone-tozan.co.jp/dat/pdf/2017.4.26%BD%D5%A5%B3%...
http://www.hakone-tozan.co.jp/gorapark/


【彫刻の森美術館】
篠山紀信写真展 KISHIN meets ART
4月5日(水)で終了を予定していた「篠山紀信写真展 KISHIN meets ART」、好評につき、6月25日(日)まで会期を延長いたします。会期延長に伴い、新作が1点追加されます。篠山が新作に選んだ作品は、オーギュスト・ロダン《バルザック》!!ロダンの名作を写真界の巨匠 篠山紀信が撮影。ダイナミックなスケールで展示いたします。折しも今年はロダン没後100年です。 記念の年にふさわしい作品をご堪能ください。
■会期:開催中~6月25日(日)
http://www.hakone-oam.or.jp/specials/2016/kishinmeetsart/
●館内紹介ムービー春・桜編
http://www.hakone-oam.or.jp/videosandphotos/?id=1
【箱根・芦ノ湖 成川美術館】
岡信孝展 ~ふりむいて、今~
近代日本画の巨匠・川端龍子を祖父にもち、日本画の正統を継ぐ岡信孝の展覧会。情感豊かな作品は優美で格調高く、まさに日本美の代表です。花を描いた作品を集めて展示しています。
●同時開催:平山郁夫展~悠久の大地を描く~
 芳澤一夫~詩的ファンタジーの世界~など
■会期:2017年3月17日(金)~6月14日(水)
http://www.narukawamuseum.co.jp/
【ポーラ美術館】
ポーラ美術館開館15周年記念展「 ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」
20世紀を代表する芸術家パブロ・ピカソとマルク・シャガール。前衛芸術の中心地であった20世紀初頭のパリを拠点に、それぞれ独自のスタイルを切り拓きました。その後も、二度にわたる世界大戦を経験しながらも、時代に向き合い、生涯にわたって旺盛に制作を続けました。本展覧会では、約80点におよぶ二人の絵画作品とともに、タペストリー作家との協働により制作された大型タペストリーを通して、その創造の軌跡をご紹介します。
■開催期間:3月18日(土)~9月24日(日)
*会期中無休ただし、展示替のため、5月12日(金)は一部閉室。6月21日(水)は休室(常設展示のみご覧いただけます)。
●開館15周年記念講演会
「ピカソとシャガールの生涯─20世紀最大の劇芸術」 講師:木島俊介(ポーラ美術館長)日時:4月29日(土) 14時~15時 会場:ポーラ美術館講堂定員:先着100名様まで(要当日入館券)


【岡田美術館】
魅惑のガラス ガレ、ドーム展 -東洋の美に憧れて-
エミール・ガレとドーム兄弟は、19世紀末のヨーロッパを席巻したアール・ヌーヴォーを代表するフランス人のガラス工芸家です。本展は、当館の名誉館長・岡田和生が、東洋美術の蒐集に先立ち集められてきた秘蔵のガレ、ドームのガラスコレクション全作品約120件を一挙公開するとともに、彼らが憧れ、その芸術に大きな影響を与えた日本美術を中心とする当館収蔵の東洋の絵画や工芸を展示いたします。日本・東洋の美術品を展示する当館で、西洋のコレクションに焦点をあてた特別展を開催するのは、初の試みです。幻想的ともいえる魅惑のガラス工芸と、長く豊かな歴史の中で育まれた“東洋の美”が織りなす、夢のコラボレーションをお楽しみください。
■会期:開催中~2017年7月21日(金)
http://www.okada-museum.com/exhibition/next
「魅惑のガラス ガレ、ドーム展 -東洋の美に憧れて-」の開催期間中、展示している代表作品25点の人気投票を行っております。応募者の中から、抽選で50組100名様に「岡田美術館ペア招待券」をプレゼントいたします。
●結果発表 8月中旬頃(当美術館内・HP・Facebook・Twitter)
http://www.okada-museum.com/exhibition/wp-content/uploads/si...
この投稿の情報は:箱根プロモーションフォーラム公式メールマガジン ONE MORE HAKONE INFO Monthly《2017.4.27 第115号 毎月(原則)第3or4木曜日発行》より
http://archives.mag2.com/0000249260/index.html?l=pkk0602f03

戻る

スマートフォン版の表示で閲覧