常設展・企画展

木の実の工作などはこちらへ「木の実クラフト」

体験・参加型のイベントはこちらへ「ワークショップ」

常設展示 箱根の植物コーナー

「♪箱根の山は天下の剣♪」であり、フォッサマグナ地帯という独特の地質環境である富士箱根地方の植物やハコネがつく植物、箱根の代表的な植物を、実物やレプリカ、ボタニカルアート、写真などで紹介します。

企画展 箱根山花暦

開催期間 令和3年4月3日(土)~5月23日(日)

箱根に咲く花を早春から初夏まで季節を追って、写真パネルと実物で紹介します。

企画展 野鳥展

開催期間 令和3年4月3日(土)~10月10日(日)

変化に富んだ自然に恵まれた箱根では、200種類を超える野鳥が観察されています。
「やすらぎの森」も野鳥が多く、ふれあい館を一歩出ると、キビタキやホトトギス、ウグイス、メジロ、コジュケイなど鳥たちのさえずりや姿を楽しむことができます。
箱根でみられる鳥たちの求愛や子育てなどの、季節ごとの姿を写真パネルなどで紹介します。

カタツムリ発見!スローライフへようこそ

開催期間 令和3年6月1日(火)~6月30日(水)

梅雨期になると、よくみかけるカタツムリ。
移動能力が低いため、地域に固有な種が多く、箱根周辺地域にも多くのカタツムリが生息しています。
中には、「ハコネ」と名前につくカタツムリも生息しています。
今回は、箱根周辺地域に生息するカタツムリや一般の人が普段目にすることがないような微小なカタツムリ、さらにカタツムリのおもしろい生態やスローな?生活についても紹介します。
また、ヒダリマキマイマイやキセルガイといった左巻きのカタツムリの飼育展示なども行う予定です!

夏の特別企画 生きた昆虫展

開催期間 令和3年7月15日(水)~9月20日(月・祝)
※9月1日より一部縮小して展示を行います。

カブトムシやクワガタムシ、カミキリムシやチョウ等色々な昆虫を飼育展示します 。
箱根や日本の昆虫類や、世界最大といわれるヘラクレスオオカブトやアジアで最大級のコーカサスオオカブト、メタリックな色彩が美しいニジイロクワガタなど外国のカブトムシやクワガタムシも飼育展示します。
日本のクワガタの仲間ではオオクワガタやミヤマクワガタなども展示します。

箱根の自然~今と昔~

開催期間 令和2年10月9日(土)~令和3年3月13日(日)

1980年代と比べ、気候や動植物など自然環境の変化が起きています。
この変化に耐えている動植物もいれば耐えられず絶滅した動植物、新たに優位にたった動植物、新たに箱根に侵入してきた動植物までさまざまです。
直近では、シカの増加による植生破壊やカシナガキクイムシによるナラ枯れ被害などが挙げられます。
森のふれあい館30周年を機にして、現在から過去に遡り, 環境の変化を伝え, 地域環境の未来を考えるきっかけをこの展示を通して提示します。

また、学芸員によるフロアガイドも予定しています。
詳しく日程が決まりましたら、お知らせします。

以上の予定は、変更となる場合があります 。
詳細は、お気軽に、e-mailやお電話でお問い合わせください 。