HAKONE-TOWN × EVANGELION COLLABORATION PROJECT

金時公園公衆トイレ[仙石原前哨基地]

1・経緯

大人気アニメ『エヴァンゲリオン』の舞台である箱根町においては、これまでも観光マップ、公用車、原動機付自転車のナンバープレート等、数々のエヴァンゲリオンとのコラボレーション企画を実施してまいりました。
このたび、さらなるコラボレーション企画として、老朽化等により建て替えを行う仙石原地域の金時公園トイレのデザインをエヴァンゲリオンとコラボレーションしたものとすることとしました。
これは、金時公園トイレをより地域魅力向上に資する施設とし、地域の活性化につなげようとすることを目的としています。

2・コンセプト

金時公園トイレは、エヴァンゲリオンの劇中において使徒と戦う国連直属の非公開組織・特務機関NERVが秘密裏に建設した「仙石原前哨基地(SENGOKUHARA OBSERVATION POST)」というイメージでデザインしており、フォントやマーク、カラーリング等で『エヴァンゲリオン』の世界観を表現しました。

3・トイレの供用開始

金時公園公衆トイレについては、令和2年2月27日(木)から供用を開始しています。

外装デザイン

エヴァンゲリオン』に登場する特務機関ネルフの施設として、ロービジリティ(低視認性塗装)をコンセプトに、ツヤ消しのグレーを基調にカラーリングしました。特徴的なパネルラインは、型枠を使った目地によって立体的に表現しています。
仙石原前哨基地の部隊マークには、金時山や公時神社をイメージソースに「クマに乗った金太郎」をデザインしました。
部隊番号の「1181」は、本施設の所在番地に由来します。

内装デザイン

男子トイレは初号機、女子トイレは2号機、多目的トイレ(みんなのトイレ)は零号機をイメージしてカラーリングしました。
各ピクトサインや、定礎、床下点検口、ドアの注意書きなども統一コンセプトの元、細かくデザインしています。

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1181-58
小田原厚木道路:箱根湯本I.C.から約30分
東名高速道路:御殿場I.C.から約20分
※小田原駅、御殿場駅等から路線バスも運行しております。


近くにエヴァンゲリオンの劇中にも登場する公時[きんとき]神社があります。
毎年子どもの日には「公時祭」が行われ、神奈川県無形民俗文化財に指定されている「湯立獅子舞」が披露されます。

Instagram FACEBOOK