『箱根全山』旅のテーマパーク箱根 - 箱根町観光情報ポータルサイト

JAPANESEENGLISH

消費税率8%への改定に伴い、現在、当ホームページなどに記載しております料金が、税率変更前の料金となっている施設・店舗等があります。
順次変更しておりますが2014年4月1日以降のご利用時には実際の金額と異なる場合がありますので、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」

シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」

日程 2019/12/15 (日)~2020/04/05 (日)
時間 午前9時00分 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)
年中無休(展示替えのため臨時休館あり)
場所 ポーラ美術館
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285
エリア 仙石原
料金 大人¥1,800 シニア割引(65歳以上)¥1,600 大学・高校生¥1,300 中学生以下無料 障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで) ¥1,000

フランスの詩人アンドレ・ブルトンが中心となって推し進めた「シュルレアリスム」は、20世紀において最も大きな影響をおよぼした芸術運動です。彼らは理性を中心とする近代的な考え方を批判し、精神分析学の影響を受けて無意識の世界を探究することで「超現実」という新たなリアリティを追い求めたのです。やがてシュルレアリスムは詩や思想だけではなく絵画の分野にも拡大し、ドイツ出身の画家マックス・エルンスト(1891-1971)による実験的な作品に美しさを見いだしました。またスペインからこの運動に加わったサルバドール・ダリ(1904-1989)は「偏執狂的=批判的」方法という独自の理論にもとづいて絵画を制作し、美術だけではなくファッション界をも巻き込む大きな流行を作り出していきます。
日本において1928年にブルトンが発表した『シュルレアリスムと絵画』は、瀧口修造(1903-1979)によって早くも1930年に日本語に翻訳され刊行されています。1930年代を通して「超現実主義」という訳語のもと最新の前衛美術のスタイルとして一大旋風を巻き起こします。しかしこうした広がりのなかでシュルレアリスムは、第二次世界大戦へと向かう時代の閉塞感と響き合い、しだいに現実離れした奇抜で幻想的な芸術として受け入れられていきました。本展は、シュルレアリスム運動からどのようにシュルレアリスム絵画が生まれたのか、さらに日本における超現実主義への展開に焦点をあてる世界で初めての展覧会です。

主要出品作家:サルバドール・ダリ、マックス・エルンスト、古賀春江、三岸好太郎、瑛九、吉原治良など

マップ


・・・・読み込み中です
大涌谷くろたまご館 富士屋ホテルチェーン 箱根小涌園ユネッサン
箱根パークス吉野 箱根ガラスの森美術館 小田急箱根ホールディングス 丸山物産 マウントビュー箱根
丸嶋本店 田むら 銀かつ亭 角田屋 箱根リハビリテーション病院
箱根小涌園ユネッサン ホテルグリーンプラザ箱根 大涌谷くろたまご館
箱根パークス吉野 芦ノ湖スカイライン 忍者バス 小田急箱根ホールディングス
箱根リハビリテーション病院 ホテルはつはな 箱根明神平サニーパークテニスコート 箱根水明荘
スマートフォン版の表示で閲覧