箱根十七湯
〜箱根が持つ天与の恵み〜

湯ノ花沢

湯ノ花沢温泉は、駒ヶ岳東斜面の海抜約950m地点、箱根の温泉十七湯の中では最も高い位置にあります。駒ヶ岳に登れば、西に富士山、南に芦ノ湖、駿河湾、東に相模湾や三浦半島、よく晴れた日には房総半島まで見渡せます。「湯ノ花沢」の名にふさわしく、自然湧泉が豊富なのも特徴です。明治期には、湯の花(硫黄など温泉の沈殿物)を日本で初めて採取し販売したことでも知られます。昭和初期には、温泉の湧出状況を化学分析する「温泉化学」の草分けとして、その発展に寄与しました。
湯ノ花沢温泉に唯一の宿「湯の花温泉ホテル」では、露天風呂に浸りながら素晴らしい夜景を眺めることができます。また、ゴルフ場も併設し、ゆったり気分での健康づくりにも最適です。

~憩いとレジャーの花も咲く~

【駒ヶ岳】
駒ヶ岳は標高1,357mで、箱根山系の中では神山(1,438m)に次ぐ2番目の高さを誇ります。古くから信仰の山として修験者が入山し、山頂の「箱根元宮」に参拝していました。芦ノ湖畔の箱根神社は、箱根元宮の里宮として位置づけられています。今は駒ヶ岳山頂までロープウェイ(箱根園発)で簡単に登れます。さらに大涌谷の方へ「駒ヶ岳・神山ハイキングコース」が開け、健脚向けのハイキングが楽しめます。コース周辺では、箱根でしか見られない高山植物の宝庫でもあります。

【泉質】単純硫黄温泉(硫化水素型)、酸性─含硫黄─アルミニウム・鉄(Ⅱ)─硫酸塩泉(硫化水素酸性明ばん緑ばん泉)または、酸性─含硫黄─アルミニウム─硫酸塩泉(硫化水素酸性明ばん泉)
【源泉総数】1
【泉温】55℃
【湧出量】1,239ℓ/min

【アクセス】
箱根湯本から元箱根・箱根町行きバスで「箱根湯の花プリンスホテル」下車

Instagram FACEBOOK