『箱根全山』旅のテーマパーク箱根 - 箱根町観光情報ポータルサイト

JAPANESEENGLISH

消費税率8%への改定に伴い、現在、当ホームページなどに記載しております料金が、税率変更前の料金となっている施設・店舗等があります。
順次変更しておりますが2014年4月1日以降のご利用時には実際の金額と異なる場合がありますので、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

彫刻の森美術館

1969年に国内で初めて開館したオープンエアー・ミュージアム。7万㎡の広大な敷地内には、近代・現代を代表する国内外の巨匠の作品、120点余りを散策気分で鑑賞できます。その他には世界有数のコレクション約300点を順次公開しているピカソ館など5つの屋内展示場があります。また、子供が遊びながらアートを体験できる作品や、敷地内から涌き出る源泉を活用した掛け流しの足湯では、足湯に浸かりながら芸術鑑賞ができます。館内のあるカフェで、箱根の自然と作品を眺めながらのんびりするのもオススメです。

彫刻の森美術館

住所:足柄下郡箱根町 二ノ平1121
電話:0460-82-1161

お店の詳細

箱根ラリック美術館

【ミュージアム】
箱根の豊かな自然の中に佇むミュージアム。
ここでは、フランスを代表するジュエリーとガラスの工芸作家ルネ・ラリック(1860-1945)の作品を所蔵・展示しています。
自然が本来持つ美しさを引き出したジュエリー、女性をうっとりさせる香水瓶やガラスの性質を巧みに利用した室内装飾まで。
ラリックの生涯に渡る作品を堪能できます。
都会の喧騒から離れた場所で、アート鑑賞とともに、四季折々の草花を眺める、ゆったりとしたひと時を過ごすのはいかがですか。

【オリエント急行】
ルネ・ラリックが晩年に手掛けた室内装飾の傑作!
1929年には、南フランスを目指すコート・ダジュール号として活躍し、後に、世界中で愛されるオリエント急行としても走行した実物車両をコレクションしています。
特別展示として、ラリックによるガラスの装飾パネルが煌めく車内で、優雅なティータイムを過ごすことができます。ここでしか味わえない極上の時間を楽しんでいただけます!

時間:10時~17時(1時間毎の入替制、初回10時、最終回16時)※当日現地予約
料金:2,100円(ティーセット付)
所要時間:45分 ※映像、専属クルーの解説付

箱根ラリック美術館

住所:神奈川県足柄下郡箱根町 仙石原186-1
電話:0460-84-2255

お店の詳細

岡田美術館

箱根最大級の屋内展示面積を誇る全5階からなる館内に、古代から現代までの日本・東洋の美術品を常時約450点展示しています。収蔵品の中心は、近世・近代の日本画と、東アジア(日本・中国・韓国)の陶磁器に加え、土偶や埴輪、仏像や仏画、蒔絵、ガラスなど、幅広い時代・分野の作品が含まれます。
ご鑑賞後は、建物正面に設置された100%源泉かけ流しの足湯カフェや、飲食施設「開化亭」でのお食事や喫茶、自然との調和を重視して設計された庭園もお楽しみいただけます。
お土産には美術館オリジナルのチョコレートをどうぞ。収蔵品をモチーフにしたボンボンショコラのシリーズが人気です。

※足湯カフェ、開化亭、庭園、ミュージアムショップのみの利用も可能。
 足湯カフェのみの利用:足湯入湯料500円 ※美術館入館者は足湯入湯料無料
 庭園入園料:300円 ※美術館入館の有無に関わらず発生

TEL:0460-87-3931
FAX:0460-87-3934
住所:神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
駐車場:80台
営業時間:9:00~17:00(16:30最終入館)
定休日:12/31、1/1、展示替による臨時休館あり

岡田美術館

住所:箱根町小涌谷493-1
電話:0460-87-3931

お店の詳細

箱根・芦ノ湖 成川美術館

【美術館】
小高い丘の上に立つ当美術館は、緑の木々に囲まれています。
ご鑑賞の合間に、美術館正面のガラス扉から外に出て、庭園を散策してみてください。
箱根随一の眺望がお楽しみ頂けます。

【ティーラウンジ「季節風」】
当館所蔵の山本丘人の代表作から名をとったティーラウンジ「季節風」では、箱根随一の景色を眺めながら、石井康治や三上亮による貴重な美術工芸品の器で、ゆったりとお茶を楽しむことができます。
ホットサンドやミックスピザなどの軽食もご用意しています。
また、ティーラウンジの横にはNHKのお天気カメラ(全国ネット)が設置されています。

【展望室】
総長50mにも及ぶ一面ガラス張りの窓からは、箱根・芦ノ湖の大パノラマを見渡すことができます。
その眺めはまさに一幅の絵のようです。思わず息をのむことでしょう。

箱根・芦ノ湖 成川美術館

住所:足柄下郡箱根町 元箱根570
電話:0460-83-6828

お店の詳細

箱根ドールハウス美術館

16世紀中頃、ドイツの貴族が娘のために職人に作らせたのがはじまりというドールハウス。
「小さな家」という意味があり、実物の12分の1サイズが基準。箱根ドールハウスでは、希少な世界二大コレクション(イギリスのヴィヴィアン・グリーン、アメリカのモッツ・ミニチュア)から、日本の作品やジオラマまで幅広く展示しており、精巧な技術はもちろん、知識や創造性、作者の愛情が込められているミニチュアの美術工芸品をご覧いただけます。老若男女だれもが楽しめる美術館です。

箱根ドールハウス美術館

住所:神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯84-55
電話:0460-85-1321

お店の詳細

箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森美術館は1996(平成8)年8月8日に開館した国内初のヴェネチアン・グラス専門美術館です。


中世ヨーロッパの貴族の館をイメージした「ヴェネチアン・グラス美術館」では、15世紀から19世紀にかけて王侯貴族たちを魅了したヴェネチアン・グラスの名品約100点を展示しています。

併設する「ミュージアム・ショップ」では、世界各国より直輸入したガラス製品、アクセサリーなど約5000種類10万点をご用意しています。ヨーロッパの街の中に迷い込んだような感覚でショッピングをお楽しみください。

オープンテラス形式のカフェ&レストラン「ラ・カンツォーネ」では、毎日6回イタリア人歌手によるカンツォーネの生演奏を行っています。素敵な音楽を聴きながら、旬の食材を使ったお食事やスイーツ、お飲物をお楽しみいただけます。

「フュージング技法」と「サンドブラスト技法」の2つのガラス体験工房では、旅の思い出にあなただけの素敵な手作り作品をお作りいただけます。

大涌谷を一望する庭園では、四季の花々と陽光に輝くクリスタルガラスの競演が、あなたをお待ちしています。

ゆらりと心を遊ばせて、遥かな時代のヴェネチアへ

箱根ガラスの森美術館

住所:足柄下郡箱根町940-48
電話:0460-86-3111

お店の詳細

ポーラ美術館

箱根 ― 心を再生させる場所
東京から約1時間半。気取らず普段着で都会からのエスケープを楽しめる場所、それが箱根です。春は新緑、夏は紫陽花や水芭蕉、秋はススキ野原、冬は雪景色。四季折々の自然を散策し、老舗のグルメを味わい、温泉で疲れた身体を癒す至福のひととき。明治時代より外国人も多く訪れ、歴史ある避暑地として愛されてきたこの地には、まるで箱庭のように様々な魅力がつまっています。

アート ― 画家と感動を共有する
暗いアトリエから飛び出そう。きらめく太陽の下で、この眼に映る世界を描こう――。ポーラ美術館は、そんな印象派の画家たちの思いを体感できる場所です。ガラスをふんだんに使った透明感あふれる建築。巨大なピクチャーウィンドウから差し込む光と豊かな緑が、アーティストとあなたの心をひとつにします。

森の遊歩道 ― 鳥の声を聴きながらリラックス
ホーホケキョ、ポッピリリ、ケレレレ・・・鳥たちのさえずりが響く670メートルの遊歩道です。優美なヒメシャラの森までは、無粋なケータイの電波も追いかけてきません。誰にも邪魔されずに、ゆったりと深呼吸してください。



いま、画家たちに会いに行く。
風そよぐ美の森へ、ポーラ美術館へ。

ポーラ美術館

住所:足柄下郡箱根町 仙石原小塚山1285
電話:0460-84-2111

お店の詳細

スマートフォン版の表示で閲覧