箱根の見どころ

蒼箱根夏祭り

スケジュール

1260年大祭 芦ノ湖夏まつりウィーク

開催日
7/31 月
タイトル
湖水祭
場所
箱根神社〜
元箱根〜湖上
内容
神事
開催日
7/31 月
タイトル
湖水祭花火大会
場所
元箱根湾
内容
花火大会
その他
観賞船出航予定
開催日
8/1 火
タイトル
御鎮座1260年大祭
場所
箱根神社
内容
神事
開催日
8/1 火
タイトル
1260大祭奉祝花火大会
場所
元箱根湾
内容
花火大会
その他
観賞船出航予定
開催日
8/2 水
タイトル
御神幸祭
場所
箱根神社〜
元箱根〜箱根
内容
神事
開催日
8/2 水
タイトル
箱根園サマーナイトフェスタ
場所
箱根園
内容
花火大会
その他
観賞船出航予定
開催日
8/3 木
タイトル
駒形神社例祭
場所
駒形神社〜
箱根〜元箱根
内容
神事
開催日
8/3 木
タイトル
箱根園サマーナイトフェスタ
場所
箱根園
内容
花火大会
その他
観賞船出航予定
開催日
8/4 金
タイトル
龍神祭
場所
九頭龍神社〜湖尻
内容
神事
開催日
8/4 金
タイトル
湖尻龍神祭花火大会
場所
湖尻湾
内容
花火大会
その他
観賞船出航予定
開催日
8/5 土
タイトル
鳥居焼祭
場所
駒形神社〜箱根
内容
神事
開催日
8/5 土
タイトル
鳥居焼まつり花火大会
場所
箱根湾
内容
花火大会
その他
観賞船出航予定
開催日
8/15 火
タイトル
夏祭り前夜祭
場所
強羅
内容
夜店有
開催日
8/16 水
タイトル
夏祭り 大文字焼点火
場所
強羅
内容
花火大会
1260年大祭 芦ノ湖夏祭りウィーク

7/31(月)

芦ノ湖の守り神、九頭龍明神を崇めるお祭り「湖水祭」。宵、箱根神社での庭上の儀の後、御供船に乗った箱根神社宮司ただ一人が、誰も知らぬ湖心に出向き、九頭龍明神に御供物(三升三合三勺の赤飯)が供える。三隻の御供船が湾を巡る様はまさに厳かそのものです。

期間最大規模の約4,000発の打ち上げ&水中花火とともに、数百の灯籠が流され、夏の夜を煌びやかに彩ります。湖畔では地元の九頭龍太鼓、箱根ばやしの他、全国で活躍する和光太鼓、轟太鼓、髙坂太鼓が一同に会する「太鼓フェスティバル」や他多数の夜店も立ち並び、祭り情緒溢れる一日です!

8/1(火)

今から1260年前、天平宝字元年(七五七)、当地に万巻上人が箱根大神を崇め、箱根権現(現在の箱根神社)の御鎮座を由緒とする年に一度の例大祭。

箱根神社御鎮座1260年を記念して元箱根湾で約2,500発の花火が打ち上がります。

8/2(水)

御祭神「箱根大神」が御鳳輦にお乗りになって御巡行され、町民の安らかな暮らしをご覧になるお祭り「御神幸祭」。箱根神社から元箱根の里、そして湖上を渡り箱根関所、箱根の里内を巡り駒形神社へと古式ゆかしき行列が進みます。

夜には箱根園湾で「箱根園サマーナイトフェスタ」を開催!メッセージのアナウンスとともに打ち上がる「メッセージ花火」、バックミュージックに乗せた「デジタルスターマイン」と「ナイヤガラ」で花火大会(約3,500発)を盛り上げます。※メッセージ花火は一般申込みが可能です。

8/3(木)

箱根神社の対岸、箱根湾の奥深くの森にひっそりと佇む駒形神社の例祭。境内には大漁を願う釣り人の信仰篤い蓑笠明神社、またその昔、村人を悩ませた狼退治の功績のあった唐犬を祀る犬神明神社、箱根七福神のひとつ毘沙門天社が祀られています。町内では子供神輿が渡御します。

前日に続き箱根園湾で「箱根園サマーナイトフェスタ」を開催!前日同様会場では夏祭りならではの出店や芝生鑑賞エリアもあり、ご家族で楽しめます。

8/4(金)

湖上の安全と商売繁盛を祈る九頭龍神社の里、湖尻湾にて「湖尻湖尻龍神祭花火大会」を催行。「九頭龍神社」で神事が執り行なわれたあと、御神火が湖尻湾に運ばれ篝火に点火されて湖尻龍神祭花火大会がはじまります。山々が夕闇に沈んだ頃、御神火船の灯が厳かに湖岸に近づいてきます。

神事の後はもちろん花火大会(約2,500発)!山々が目前に迫る小さな湾での花火は音、光ともに迫力満点。花火後は全国クラスの高校生によるマーチングバンドで、盛り上がりも最高潮に!

8/5(土)

今は昔、湖水を汚した里人に怒り狂った龍神が疫病をはやらせ、それを鎮めるために里人が鳥居を焚いて湖面に映る火影を龍神にささげたという伝説の鳥居焼祭。駒形神社での祭事の後、御神火で湖上の二対の鳥居に火を灯し、湖上に幻想的な光が浮かびあがります。湖畔では箱根神社大神輿渡御も催行されます。

少年少女空手演舞、箱根ばやし、九頭龍太鼓のあとは、数百の灯籠と、鳥居に灯った火をバックに打ち上がる花火大会(約3,500発)で6日間続いた芦ノ湖夏まつりウィークもクライマックスに。

箱根強羅夏まつり 大文字焼

大文字焼は有縁無縁の霊を慰めるうら盆の送り火です。 二ヶ月も前より炎天下の山腹に於いて、刈取り、乾燥の作業が繰り返されます。乾燥した篠竹(箱根女竹長さ3m 程)を直径30cm程の束として250 束作ります。「大」の字が大きく描かれる様、「大」の輪郭に沿って二重にし、約1.5m間隔に立てます。一筋の花火を合図に点火され、点が線となり文字となって皆様の眼前に「大」の字が浮かんでまいります。(「大」の字の「一」は長さが108m、文字の太さは7.5m にもなります。) 最後に、来る年、来る年、より大きく!美しく!という願いを胸に、お互い励まし合いながら汗を流し、黙々と準備を重ね、当日は暗黒の急斜面に身を躍らせて、灼熱の熱風を浴びながら「大」の字を作る80 余名の宮城野青年会の努力があることを申し添えます。

お問い合わせ

箱根町観光案内所 TEL 0460-85-5700

一覧に戻る